医師紹介|東伏見眼科|東伏見駅徒歩3分|日帰り白内障手術

〒202-0014 東京都西東京市富士町4-4-15
042-469-3133
WEB予約
ヘッダー画像

医師紹介

医師紹介|東伏見眼科|東伏見駅徒歩3分|日帰り白内障手術

ご挨拶

院長 新井 英介

「東伏見眼科」院長の新井 英介(あらい えいすけ)と申します。2023年7月から「東伏見眼科医院」を継承いたしました。
白内障や緑内障の手術、加齢黄斑変性、糖尿病網膜症などへの硝子体注射を専門としております。順天堂大学や聖路加国際病院にて、白内障、緑内障および網膜硝子体疾患に対する手術を行い、大学では加齢黄斑変性の専門外来を担当しておりました。東京都立小児医療センターでは小児眼科を担当し、東京大学医科学研究所では網膜の研究を行っておりました。また2014年からの2年間は、アメリカ オハイオ州 クリーブランドにあるケースウエスタンリザーブ大学に留学し、アメリカの眼科でも経験を積み、幅広い知識を持って対応いたします。
手術室を新設し、日帰り白内障・緑内障手術を行えるようになり、加齢黄斑変性や糖尿病網膜症に対する硝子体注射にも対応できるようになりました。
患者様ひとりひとりに寄り添い、最先端で高度な医療を提供いたします。眼に関してお困りのことがありましたら、遠慮なくご相談ください。地域の皆様が安心し満足していただけるクリニックを目指しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

東伏見眼科

院長新井 英介

略歴

2007年 札幌医科大学医学部医学科 卒業
同年 滝川市立病院 初期臨床研修医
2009年 順天堂大学医学部附属順天堂医院 眼科 助手
2011年 順天堂大学大学院医学研究科博士課程 入学
2012年 東京都立小児医療センター 眼科 常勤医
2013年 東京大学医科学研究所 再生基礎医科学寄付研究部門
博士課程大学院生
2014年 Department of Ophthalmology & Visual Sciences,
Case Western Reserve University School of Medicine Postdoctal Reseach Fellow
2015年 順天堂大学大学院医学研究科博士課程 修了 学位取得
2016年 順天堂大学医学部順天堂医院 眼科 助教(加齢黄斑変性専門外来担当)
同年 杏林大学医学部附属病院 眼科 黄斑フェローシップ
2018年 横浜鶴ヶ峰病院 眼科 科長
2020年 聖路加国際病院 眼科 医員
2022年 東京都立病院機構 東京都立東部地域病院 眼科 医長

資格・所属学会

資格

  • 医師免許
  • 保険医
  • 日本遺伝子診療学会 遺伝子技術講習会修了
  • 日本眼科学会専門医
  • 医学博士
  • PDT認定医
  • 難病指定医
  • CTR講習会受講修了
  • 身体障害者指定医
  • ボトックス講習・実技セミナー修了
  • ICLSコース修了
  • 屈折矯正手術講習会受講修了
  • オルソケラトロジー講習会受講修了
  • iStent認定医

所属学会

  • 日本眼科学会
  • 東京都眼科医会
  • 日本網膜硝子体学会
  • 日本医師会

業績

原著英文 Arai E, Parmar VM, Sahu B, Perusek L, Parmar T, Maeda A.
Docosahexaenoic acid promotes differentiation of photoreceptor cells in three-dimensional neural retinas.
Neurosci Res. 2017; 123:1-7.
Arai E, Baba Y, Iwagawa T, Kuribayashi H, Mochizuki Y, Murakami A, Watanabe S: Ablation of Kcnj10 expression in retinal explants revealed pivotal roles for Kcnj10 in the proliferation and development of Müller glia. Mol Vis. 2015; 21: 148-59.
Arai E, Fujimaki T, Yanagawa A, Fujiki K, Yokoyama T, Okumura A, Shimizu T, Murakami A. Familial cases of Norrie disease detected by copy number analysis. Jpn J Ophthalmol. 2014; 58(5):448-454.
Parmar VM, Parmar T, Arai E, Perusek L, Maeda A.
A2E-associated cell death and inflammation in retinal pigmented epithelial cells from human induced pluripotent stem cells.
Stem Cell Res. 2018; 27:95-104.
Kuribayashi H, Baba Y, Iwagawa T, Arai E, Murakami A, Watanabe S.
Roles of Nmnat1 in the survival of retinal progenitors through the regulation of pro-apoptotic gene expression via histone acetylation.
Cell Death Dis. 2018; 9(9):891.
Parmar T, Parmar V, Arai E, Sahu B, Perusek L, and Maeda A: Acute stress responses are early molecular events of retinal degeneration in Abca4-/-Rdh8-/- mice after light exposure. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2016;57(7):3257-67.
Palczewska G, Maeda A, Golczak M, Arai E, Dong Z, Perusek L, Kevany B, Palczewski P. Receptor tyrosine kinase MERTK is not required for transfer of bis-retinoids to the retinal pigmented epithelium. J Biol Chem. 2016; 291(52):26937-26949.
Okumura A, Arai E, Kitamura Y, Abe S, Ikeno M, Fujimaki T, Yamamoto T, Shimizu T. Epilepsy phenotypes in siblings with Norrie disease. Brain Dev.
2015;37(10):978-82.
Perusek L, Sahu B, Parmar T, Maeno H, Arai E, Le YZ, Subauste CS, Chen Y, Palczewski K, Maeda A. Di-retinoid-pyridinium-ethanolamine (A2E) Accumulation and the Maintenance of the Visual Cycle Are Independent of Atg7-mediated Autophagy in the Retinal Pigmented Epithelium. J Biol Chem. 2015;290(48):29035-44.
Suzuki T, Fujimaki T, Yanagawa A, Arai E, Fujiki K, Wada Y, Murakami A. A novel exon 17 deletion mutation of RPGRIP1 gene in two siblings with Leber congenital amaurosis. Jpn J Ophthalmol. 2014; 58(6):528-535.
原著和文 新井英介、田村薫、工藤 大介、小倉 加奈子、松本俊二、横山利幸、沖坂重邦、村上晶. 12年前の外傷が起因と思われる下眼瞼に生じた腫瘤の1例. 原著論文. 臨床眼科 (0370-5579)65巻6号 Page935-937(2011.06).
総説 新井英介、前田亜希子、村上晶. Stargardt病に関連した網膜変性疾患と新しい治療の可能性. 日本眼科学会雑誌 総説. 日本眼科学会雑誌 (0029-0203)121巻1号Page7-16(2017.01)
村上晶、藤巻拓郎、藤木慶子、柳川愛、新井英介、望月祐人、臼井亜由美、渡邉すみ子、松田彰、岩田文乃. 眼疾患と遺伝子 眼科遺伝子診療をめざした遺伝情報解析. 総説. 日本眼科学会雑誌 (0029-0203)118巻3号 Page283-298(2014.03)
著書 新井英介
ABCA4遺伝子変異によって発症するStargardt病
OCULISTA 75号 Page9-17(2019.06)